ルネの世界のリカちゃんカスタムの仕方は?髪の毛アレンジやメイク道具も紹介!

ルネの世界

リカちゃん人形を丁寧にカスタムし、新たな命を宿すYouTube「ルネの世界」が人気を集めています。
 
YouTubeルネの世界は2021年7月現在登録者数約2.6万人、動画再生回数約200万回であり、動画のクオリティが大変高いため益々これらから伸びていくと思われます。
 
そんなYouTube「ルネの世界」は、実は同じく人気YouTube「現実を生きるリカちゃんねる」とお友達だそうで、リカちゃんを愛するもの同士いままで切磋琢磨されてきたことをYouTubeコミュニティ欄で明かしています。
 
そんなリカちゃん界を盛り上げるために尽力されているYouTube「ルネの世界」の、非常にクオリティの高いリカちゃんカスタムの仕方や、髪の毛アレンジ、メイク道具などをまとめてみましたのでぜひご覧ください!

ルネの世界のリカちゃんカスタムの仕方


YouTube「ルネの世界」の作者は、白壁ルネさん(ハンドルネーム)という方で、なんとソムリエをされているそうです。
 
白壁ルネさんは、もともとインスタグラムでリカちゃんを使ってワイン講座を始めたところ、ドール沼にどっぷり浸かってしまい今に至ったことをYouTube概要欄で説明されています。
 
ソムリエという繊細なお仕事柄なのか、リカちゃんカスタムも非常に丁寧で、髪型やメイク、バッグや小物の1つ1つにリアルを追求したこだわりが感じられます。
 
そんな洗練されたYouTube「ルネの世界」のリカちゃんカスタムの仕方について早速みていきましょう!
   

リカちゃんの目の色を変える方法

まずはYouTube「ルネの世界」でご紹介されている、リカちゃんの目の色を変える方法を見てみましょう。
    
   
手順は以下の通りです。
 

  1. ネイル用アセトンリムーバーでもともと描かれている顔を消す
  2. つや消しスプレーを顔全体へ吹きかける(吹きかけないと色鉛筆などが発色しない)
  3. 鉛筆で下書きをする
  4. アクリル絵の具の白で白眼の部分を描く
  5. 水彩用色鉛筆で黒目の部分、目の縁どり、まつ毛、二重の線などを描く(普通の色鉛筆は発色しづらい)
  6. アクリル絵の具で目の中の光を入れる
  7. UVレジンでコーティング→UVライトで硬化して艶を出す
  8.  

こちらの動画1:00~5:20あたりで確認できます!


ものすごく変わるので、ぜひご覧ください。
  

リカちゃんの髪の毛の直し方やアレンジ

続いてはリカちゃんの髪の毛の直し方やアレンジ方法のご紹介です。
  
YouTube「ルネの世界」では、なんと髪が薄い場合の植毛方法まで紹介されています!
 
 
手順はこちらです。
(髪が薄くない場合は、手順④~⑥は飛ばしてください)
 

  1. 60度ぐらいの熱めのお湯に洗濯洗剤を溶かして5分ほどつけおきする
  2. しっかり濯いだ後、柔軟剤でリンスをする
  3. タオルドライし、毛先→生え際の順に櫛で丁寧とかす
  4. 濡れた状態で後頭部の毛束(中心部分の見えにくい部分)を10~20本ほどカットする(前髪への植毛用)
  5. 切った毛束の根元側をボンドでとめバラバラにならないようにする
  6. 毛糸用とじ針を使用し、毛束を頭皮の穴へ通し、抜けないように玉結びにする(針はペンチを使うと簡単に引き抜ける)
  7. 人間用のハードジェルを使用してヘアセットする(お団子などの場合はラップで固定し形がつくまで置いておく)

  
こちらの動画の1:06~2:20、3:43~6:40で紹介されています。


もはや完全に別のお人形が完成しています。ものすごく高度な技術ですね!
 

リカちゃんの眉毛や唇カスタムのやり方

次はリカちゃんの眉毛や唇などのカスタム方法について見てみましょう!
   
  
手順は以下の通りです。
  

  1. ネイル用アセトンリムーバーでもともと描かれている顔を消す
  2. つや消しスプレーを顔全体へ吹きかける(吹きかけないと色鉛筆などが発色しない)
  3. 鉛筆で下書きをし、水彩用色鉛筆で眉毛を描く(普通の色鉛筆は発色しづらい)
  4. 口紅はアクリル絵の具で描き、艶を出したい場合はUVレジンでコーティングして硬化する

  
  
こちらの動画1:50~5:20あたりで確認できます!


心なしか、人形も喜んでいるように見えますね!
 
 

リカちゃんカスタムに必要なメイク道具


YouTube「ルネの世界」ではリカちゃんカスタムの際、そのお人形に合わせた素敵なメイクが施されています。
 
こちらのハーレークインへのカスタムでは、タトゥーや眉毛の形まで非常に細かく再現されています。


このリカちゃんカスタムに必要なメイク道具やメイク方法についても調べてみましたので、早速みていきましょう!
   
   
まず、リカちゃん人形の顔に何かを描くには、化粧下地の代わりとなる「つや消しスプレー」が必要不可欠なようです。
 
これがないと、顔に絵の具や色鉛筆を塗っても綺麗に発色しないようです。
 
リカちゃんをハーレークインに変身させている動画では、綿棒に茶色のチョークをつけてシェーディング、筆にチョークをつけてアイシャドウなどを施し、また水彩色鉛筆で細かなタトゥーを描いていました!
   
   
また、こちらのリカちゃんをバレリーナへカスタムする動画では、なんとカットした髪の毛をつけまつげとして再利用しています!
 

す、すごい発想ですね!
 
加えてこちらのバレリーナへのカスタムでは、人間用の化粧品を使いアイシャドウを施していました。
 
 
もはや人間に化粧する以上に手が混んでいます!
 
ちいママ
これは美的センス0の私には一生作れなさそう〜汗 すごすぎる〜!!

まとめ

さて、YouTube「ルネの世界」のリカちゃんカスタムの仕方について、まとめて参りました。
 
もはやカスタムというよりも、別の人形を1から作ったようなクオリティの高い作品ばかりでしたね!
 
それでは長くなりましたのでまとめです。
 

  • 「ルネの世界」ではリカちゃんの目の色を変える方法として、主にアクリル絵の具と水彩用色鉛筆で描く方法を紹介されている。
  • 「ルネの世界」ではリカちゃんの髪の毛の直し方やアレンジ方法として、人間のハードジェルを用いてヘアセットする方法や、リカちゃん人形へ植毛する方法などが紹介されている。
  • 「ルネの世界」ではリカちゃんの眉毛や唇などのカスタム方法として、主にアクリル絵の具と水彩用色鉛筆で描く方法を紹介されている。
  • 「ルネの世界」ではリカちゃんカスタムに必要なメイク道具として、チョークや水彩用色鉛筆、人間用の化粧品を紹介されている。

 
YouTube「ルネの世界」の作者である白壁ルネさんは、作品をminneやラクマで販売されています。
素敵な作品を安価で購入できるため、オーダーされる方もいらっしゃるようです。
 
これからYouTube「ルネの世界」がどれほど人気者になるのか、非常に楽しみでワクワクしますね!
 
それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です